キャッシング金利の幅を比較する方法

キャッシングの金利は、数値のため高低を比較しやすいものです。ただし、金利に幅があると比べるのは難しくなってしまうことに注意しておきましょう。

 

金利の幅とはどういうものでしょうか。キャッシングの金利では15.0%と明記されているものもあれば、5.5%~18.0%と書かれている場合もあります。一つしか金利が書かれていないキャッシングは、限度額などに関わらず、その金利が申し込み者に適用されます。

 

固定金利ならずっとそのまま同じ金利となります。変動金利なら、見直しなどがあり金利が上下することもあるでしょう。

 

5.5%~18.0%のように、金利に幅があると自分に適用される金利は申し込んでみないとわかりません。キャッシングによって、限度額○○万円なら15.0%と書かれていることもあります。ただ自分がその限度額を希望しても、その額で借りられるかどうかは審査によって決まるのです。

 

15.0%のキャッシングと、5.5%~18.0%のキャッシングではどちらが低金利と断定できません。

 

金利に幅があるほうの適用金利が分かれば、比較はできます。ただ、金利を知るためだけにたくさんのキャッシングに申し込むと、申し込みブラックを引き起こす恐れもあるでしょう。

 

こういった金利の幅がある場合、比較は少し難しくなります。利用当初から低金利を希望するのか、使っているうちに限度額増額と金利引き下げが可能なキャッシングを選ぶのかによっても違ってくるでしょう。

 

低金利ということは、利息を下げるということですから、キャッシングの利用計画に基づいて選ぶ必要があります。