消費者金融と銀行のキャッシングを比較

消費者金融と銀行のキャッシングを比較してみましょう。消費者金融と銀行のキャッシングどちらが借りやすいと感じるでしょうか

 

申し込める方に制限があるのはどっち?

消費者金融は貸金業法、銀行は銀行法の規制を受けています。そのため、消費者金融は本人収入がある方しか申し込めません。

 

配偶者に収入がある専業主婦が申し込めるのは、銀行カードローンとなります。

 

金利が低いのはどっち?

これまでなら、「銀行。」と即答するでしょう。

 

しかしカードローンに関しては、金利にあまり違いがないものも増えています。最高金利18.0%というキャッシングは、銀行でも消費者金融いずれでも見つけられるのです。

 

限度額が大きいのはどっち?

これも銀行という回答が多いかもしれません。

 

しかし消費者金融もモビットのように最高限度額800万円、プロミスのように500万円といったものもあります。銀行カードローンでも、300万円から500万円の最高限度額が設定されていることが多いので、結局は違いがないといってもよいでしょう。

 

ただし、消費者金融は総量規制に基づいて年収の3分の1までしか限度額に設定できない点に注意しておくことが大切です。

 

使いやすいのはどっち?

ネットを使った申し込みができるなど、充実していることが多いのは消費者金融でしょうか。最近はネット銀行の登場などによって、銀行のキャッシングも使いやすいと感じるものも増えています。選び方に気を付けるようにしましょう。

 

消費者金融、銀行どちらのキャッシングも、どんどん使いやすくなっているといえます。

 

また違いはあるものの、どちらがよいということは断定できません。それぞれのキャッシングを比較して、申し込み先を決定しましょう。